Next Magic Inc.

- The Ultimate Internet -

 
新着情報

GFI電子割符(R)のパートナーになりました

Eメール 印刷

この度株式会社ネクストマジック(所在地:台東区三筋、代表取締役社長:萩原 州、以下、「NM」)は、グローバルフレンドシップ株式会社様(所在地:東京都渋谷区笹塚、代表取締役社長:保倉 豊、以下、「GFI」)の秘密分散技術である「GFI電子割符(R)」の健全で広範な利活用に資する商品やサービスの調査研究及び開発等を行うことで、合意しました。

 

GFI代表保倉様のコメント:

GFI電子割符(R)は、量子計算機が実用化されたとしても、これまでに外部評価等で得られた安全性に関し、俄かに危機を迎えることの無いセキュリティコア技術です。

20年に及ぶ安定した動作と細部のブラッシュアップ、更には市場の求める機能追加等を継続してきました。

弊社電子割符は、プライバシー関連情報を含む、多くの電子的な情報資産管理に対する新たな要求事項に、画期的な解を提供することができる技術と言えますが、それには、十分な技術力と柔軟な発想を持ち、且つ、適切な当該技術の利活用の重要性を理解し、一歩を踏み出せるパートナーが必要で、NM様はまさにそうした会社です。

 

NM代表萩原のコメント:

弊社はロバストな無線メッシュの技術開発をしております。弊社技術は、送信データを複数経路に分散することに特長を持つため、相性が良い秘密分散技術とその有用性、技術の応用には長く関心を抱いておりました。その中でもGFI電子割符(R)は、長年の安定動作による実績、セキュリティを備えており、応用に最適な技術だと考えました。今後GFI様と、GFI電子割符(R)の利活用に関わる調査研究や開発を進めて行けることを大変喜ばしく思います。

 

ー両社概要ー

グローバルフレンドシップ株式会社:

1999年に最初の秘密分散技術(電子割符)の市場供給した会社として、健全な利用モデルからの市場普及を目指し活動しております。

当該技術標準化の中での、技術区分ーAのリファレンス技術です。

 

会社名 グローバルフレンドシップ株式会社 (Global Friendship Inc.)

設立  1994年(平成6年)8月29日

資本金 3500万円

所在地 〒151-0073 東京都渋谷区笹塚1-32-2 ソネット笹塚102

代表者 代表取締役社長 保倉 豊

アクセス

京王線・京王新線・都営新宿線『笹塚駅』徒歩3分

http://www.gfi.co.jp/

 

株式会社ネクストマジック:

2001年に創業後、広域でロバストな無線メッシュの技術開発を進めております。

関連技術となる通信系の組込ファームウェア開発を中心に、ミドルウェア、アプリケーションソフトウェア等の、通信系を中心とした応用技術を開発しております。

 

会社名 株式会社ネクストマジック (Next Magic Inc.)

設立  2001年(平成13年)6月5日

資本金 1000万円

所在地 〒111-0055 東京都台東区三筋2-10-11-401サンライズフタバ

代表者 代表取締役社長 萩原 州

アクセス

新御徒町駅(都営大江戸線、つくばエクスプレス)から徒歩4分

https://nextmagic.jp/

 

本件に関するお問合せ先:

グローバルフレンドシップ株式会社

担当:保倉 豊

 

株式会社ネクストマジック

担当:萩原 州

e-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

 

以上

 

日経NETWORK11月号に掲載されました

Eメール 印刷

日経NETWORK 2019年11月号に弊社が掲載されました。

 

当事者が語る! トラブルからの脱出 「電波は正常なのに無線LANにつながらない、原因は全く無関係の箇所に」(本誌 p58 - p63)

 

過日、無線LANiが繋がらないというお客様からの問い合わせがありました。

弊社は無線LANのトラブル時のスポット対応をしております。本件では、お客様事務所にご訪問し、Wifi中心の調査を進めました。

調査を進めていくと、実は無線LANだけでなく隠れ問題(有線LANの問題やサーバの問題)が次々に出てきました。

・Wifiの電波強度

・DHCPリース枯渇

・mDNSの非透過

・権威DNSサーバの停止

本記事は、それらを一つ一つ切り分けしながら解決していく様が書かれております。


 

 

事務所を移転しました

Eメール 印刷

事務所を移転しました。

111-0055 東京都台東区三筋2-10-11-401サンライズフタバ

TEL 03-5846-9111
FAX 03-5846-9110

新御徒町駅(都営大江戸線、つくばエクスプレス)から徒歩4分

秋葉原に少し近い場所に移転し、利便性を向上しました。
今後ともよろしくお願い致します。


 

 

夏季休業のご案内

Eメール 印刷

2019年8月10日(土)~2019年8月15日(木)まで、夏季休業とさせていただきます。8月10日以降に承りましたお問い合わせは、8月16日以降に順次対応させて頂きます。ご迷惑をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

Mac High SierraでのBootcamp環境構築

Eメール 印刷

年明けの小ネタです。

主に、MacでiPhone/Android両方開発する方へ。そうでなくても、Bootcampを愛用する方へ。

Macを使う開発者は、Windowsを仮想マシンかBootcampで用意する方が多いです。しかし、High Sierra搭載のMac(2017年モデル等)や、High SierraにアップグレードしたMacの場合、BootCampを「新規」導入するときにエラーで止まる方が多いようです。2つつまづきそうなポイントがありますので、それぞれ解消方法を書きます。

(1) Windowsパーティションのフォーマットが止まる

APFSのせいだという書き込みを見ますが、APFSではなくTimeMachineの設定を見直すと良いでしょう。多くのMacユーザはTimeMachineを入れています。登録削除するとフォーマット出来ます。あわせてMacintosh HDに残っているTimeMachineのキャッシュも消すのが良いです。Bootcamp導入後にTimeMachine再登録すれば復活します。

(2)Bootcampアシスタントのツール(ドライバ)を導入出来ない

最新版のWindows(Fall Creators Update / 1709)のisoを使っている場合、今のBootcampアシスタントでは、ツール導入時に失敗します。古いバージョンのWindowsを使って下さい。(Anniversary Update / 1607)を問題無く導入出来ます。リリース時期からみて、(Creators Update / 1703)でもおそらく大丈夫でしょう。その後はWindows UpdateでFall Creators Updateまでアップグレードすればよいです。

楽しいBootcampライフを!

 

 


1 / 7 ページ